About

 ...krik/krak結成までの経緯とその活動内容について.....


さかのぼれば、事の発端はすべて幻想楽団SoundHorizonにあります。
数年前初めてその楽曲に触れたときから、わたしたちは魂までその虜になりました。
本当に好きでした。だからこそあの『第一期活動終了』の報せがどうしても許せませんでした。
叶うことなら『第二期』をも応援したいです。でも今はまだ無理です。それがまた
悲しいですが…

あらまりさんの歌で、深く狭く色とりどりに綴られたあの世界を愛していました。
Revoさんが築き上げる、緻密な騙し絵の様なあの世界に心酔していました。
総てを含めてSoundHorizonを愛していました。どちらかが欠けることはどうしても
受け入れられませんでした。
辛くて辛くて、どうにかこの苦しみから逃れようとして辿り着いた最終的な方法が
『自分たちで音楽を作る』ということでした。
両名とも全くの素人ですが、前向きな負のエネルギーで意外と頑張っています。
歌だけでなくSEや台詞・ナレーションを多用し物語を綴る表現手法は完全に彼らの
模倣であり、それに関して 不愉快になられた場合には申し訳ないです。
間違いなく、krik/krakの楽曲は第一期SoundHorizon(この第一期、第二期というのも
本当に辛い…)の多大な影響下で制作されています。
しかし綴る物語の内容は独自のものでありたいと思っています。
また、きっかけは最悪でしたが、歌物語の制作という愉しみを知ることが出来たことだけは
純粋に良かったと思っています。
すべての技術は拙いですが、手探りで少しづつ明るい方へ進んでいければと思います。

そしてこれを機に、今まで目を背け続けてきた『第二期』とも徐々に向き合っていければと
願っています。


最後に、このような文章をここに掲載したことを許してください。
私たちの活動の核であるこの気持ちについて全く説明しない訳にはいかないと考えたためですが、
様々にSoundHorizonを愛する方々にはきっと不愉快な言い分かと思います。
本当に申し訳ありません。



                                  06.11.29 krik/krak